カテゴリ: トレール

 
 
家に有っても乗らないので友人に無料貸し出し?進呈していたセロー君
 
去年の秋突然エンジンが掛からなく成って、出戻ってました
 
まあ冬の間は乗らないし、もっといじって楽しいのが来てるので放置してました
 
 
 
 
イメージ 1
 
去年少し見てみると、エンジンは掛かるがまともに噴き上がりません
 
キャブをさんざん掃除しましたが、変化なしでした
そうこうしてるうちに、S5がやってきました、そして放置状態で年越しです
 
だってメグロの誘惑には勝てませ~ん!
 
いよいよメグロも先が見えてきたので、いやいや修理することに
あまり乗り気じゃ無いですが、早く減らさないと倉庫が一杯です
 
大先輩の意見やネットでいろいろ調べてみると、どうもCDIがおかしいかも
 
イメージ 2
 
セローは息が長かったので、いろんな仕様が有ります
これは2LNキックセローです、当然ネットでもそんな古いCDIは有りません
 
ちょうど3RW1セルセローの初期のハーネスが安くで有ったのでゲット
 
でも当然ですがそのままでは付きません、今までも改造車
 
手に入れた時から配線は改造されてました、改造車はだめですね
 
壊れるまでなぜかセローの前身XT200のCDIで動いてました
 
イメージ 3
 
最初はハーネスごと買えようとしましたが、。キースイッチも違うみたい
そんなこんなで元のハーネスに戻しCDIを繋ぎ換えることにしよう
どうも配線の色は同じでも違う目的で使われているみたいです
 
イメージ 4
 
ネットの情報を参考に何とかでっち上げ成功、エンジンもちゃんと回りました
 
何とか復活!小雨降る中乗って見るとちゃんと回ってます
 
アイドリングはするけど、吹きあがらないなんて
 
訳のわからん壊れ方をするCDIなんて嫌いだ
 
友人名義なので返す前に林道走ってこよっと、そこで死んだりしてね!
 
XT200改も復活させないと、、、でも私にトレールは合いません
と言うか体型的に細身のバイクは合いませんね!自爆
 
 

こないだ走った林道に有る支線を走ろうと、10時過ぎに家を出発、今回はショートカットで
二番目の林道入りました途中
 
イメージ 1
こんな脇道や
 
イメージ 2
 
一応閉鎖されているのでパスして、目的の支線まで脇目もふらず、ひた走り
 
イメージ 3
 
やってきました、ちゃんと支線と書いてありゲートもないので入ってみると
道の良いのははじめだけですぐに荒れたそこそこの下り道です
上りなら楽しいかも、でも降りるのに一生懸命で写真とれてません、意味ないですね
 
途中に脇道も有りまた今度入ってみよう、伐採用林道もアチコチにあります
 
イメージ 4
かなり降りてくるとこんな公園に出ました、もちろんだ~れもいません
 
イメージ 5
 
それもそのはずこんなゲートが、まああけたら閉めてねという看板でしょうか?
誰もいないのをいいことに、数箇所の散歩道があったので入ってみると
 
XTでギリギリの坂道で途中まくれそうになりながら、途中まで上がり
そこで断念しました、トラクション抜けると絶対に上がれない坂でした
なんといってもチキンですからしぶしぶ下の道を戻り、今度はきた道と違う道え
イメージ 6
 
しばらく走ると舗装路になり、こんな水場が、そしてもう少し走ると
 
イメージ 7
 
見たことある三叉路に、思い出しだしました、ここは前回通った所、右に行くと砥峰です
ということは元の支線入口に出れます、初めて行き止まりじゃない林道で
一周約10キロ?ぐらいの林道です、どちらから回るかでお楽しみが違いますね
支線側のきつめの上りを取るなら左回り、本線の広くゆるい上りを取るなら右回りかな
今回はこれで前回と違う方に本線を降りることに
 
イメージ 8
途中またまたこんな水場が、思いきり水分補給しときました、降りていくと
寺前~一宮の県道にでました、この道は行きがけに通った道です
そのまま山崎方向にも出れますが、寺前方向に出て大人しく帰りました
これが良かった帰って10分ほどでゲリラ豪雨に...日頃の精進のおかげです
 
 
 
 

通勤に使っているXTですが先日よりキックでエンジンがかけれなくなってました
キックアームはもどるのでスプリング切れでも無さそう、まあセルが有るので
別に必要ないんですが、最近バッテリーも弱くなってるので修理することに
 
イメージ 1
 
まだまだ暑いのでなかなかやる気が出ません、オイル抜くのも面倒なので
タンク外して倒してばらすことに、いつもの適当作業です
とりあえずクラッチカバーを外すと、下の方になにか、キラリと光るものが
 
イメージ 2
 
これは何?なんでこんなとこに??いったいどこの部品かしら???
よくもまあ回転部に引っかからなかったこと????
そうなってればエンジンおしまい、下手すると人間も、まそのほうが人類の為かもね
冗談は置いといて真剣によくよくあちこち見てみるとキックとクラッチの所のギヤがガタついています
でもここはクラッチ全バラしないと外せない、大事になってきました
 
イメージ 3
 
泣く泣くクラッチ全バラして外してみると、やはりここのクリップでした、でも入れようとしても入らない
なぜ?よくギヤ見ると中のブッシュが飛び出してる、ヒエ~こんなことなるのね
バイスで挟んでなんとか押し込んどきました、そんなに使うとこじゃないし
これでいいでしょう、たぶん
 
イメージ 4
 
ペダル側のギヤもかけていたので、少しずらして組み込んどきました
これでまたしばばらく使えるでしょう、いつもの適当修理でした
 

イメージ 1
 
近所に有るなんの変哲もない信号、でも少し変なのわかります?
横断歩道も斜めについてますが...
 
イメージ 2
 
横から見ると、国道に面したコンビニの駐車場に停止線ととまれの文字が

詳しい地図で見る
地図で確認しても道路は無い、やっぱりこのコンビニ用信号です
こんな信号有るんですね、田舎警察おそるべしです、こんな信号も有るんですね?
田舎なので事故が多かったんだろうか?道路に面しているコンビニで
敷地は広いのでどこからでも出れるし意味のあるような無い様な信号です
でも法的拘束力あるんでしょうね。しかし横断歩道が店の入口に繋がってるって
全国でもなかなか無いかも、朝夕の通学時間帯にみどりのおばさんが立ってて
店の中に誘導したりして、それも面白いような....でも大問題になりますね

イメージ 1先日行った林道の途中でこんな看板を発見、早速止まって見てみると
イメージ 2
やや霞んでますがなんとか中央に見えてます、兵庫県の真ん中から見えるとは......
イメージ 3
一応完全舗装ですが、カーブは多い上あちこち落石あるし、傾斜もきつい
イメージ 4
でも、所々にこんな看板も、時代ですね
イメージ 5
脇道はこんな感じ、帰れなくなると怖いので途中で引換しました
 
イメージ 6
二つ目の林道にはこんな休憩所や支線もありました、今度その支線を走ってみよう
イメージ 7
砥峰高原の近所にはこんな脇道も、まだ入りきれてない脇道もあります
なんせ一人で行ってるし、チキンなので帰れなくなっても困る
なんせ降りれても、登れないこともあるしね、ただのトレールですから
 
イメージ 8
下界に降りてくるとこんな水車も有りました、のどかなもんです
しかし楽しい林道でした、もっと早く走り回るんだった
二つ目の林道の支線が楽しそう、まだまだ建設中みたいのも有るし
支線はフラットダートみたいだし、もう一度機会を見て挑戦してみよう
この近所には伐採用林道もまだまだあります、当分遊べそうです
 
北部に行けばもっと有りそうだし、

↑このページのトップヘ