突然の報道に驚いてます、まあ、経営的に厳しいんでしょうね

自分の作業の忘備録として使っていたんですけどね

ど素人の私には、スムーズに移行出来るか疑問です

そんなことに成ってるとは知る訳もなく、ノー天気な私は

25万キロおーばーのおんぼろ軽バスで行ってきました

イメージ 1

知る人ぞ知る伏魔殿、こんなこと書くと叱られますね、ごめんなさ~い

まあ、ここは手前の道の駅なんですけどね

イメージ 2

今回は古タイヤの回収とメグロエンジン部品のお引き取り

そして前回やり残したことをやりに、まあ、できるかどう変わらないですけどね

イメージ 3

結果から言いますとまあ手強い、究極の変態バイクです

まず、キャブのインナーキットを手に入れたので、交換しましょう

イメージ 4

なぜか350ccなのにキャブはS3と同じサイズ、これまた不思議です

まあメインジェットは150番が付いてますけどね

でも、ここまでそろうのは流石エゲレス車です、おかげで助かってますけどね

でもジェットニードル?メインジェットの付くところも交換できるんですが

イメージ 5

アマルとしか書いていない?



イメージ 6

取り付けは出来るんですがサイズが5種類が有るんです

イメージ 7

新品ニードルピン入れてサイズの差を見ようとしましたが、判りませ~ん

イメージ 8

取り合えず真ん中のサイズいれてみました、さてさてどうなりますか?

そうこうしているとテール、メーターは点くけどヘッド、ポジションが点かない?

なんで?朝も早かったことも有り、ここで撃沈、爆睡しました

翌朝、いろいろ調べてみると、アース不良でした、これは中々気づきませんね

仮にバッテリーつないだケーブルが悪かったりしましたけどね

イメージ 9

2人がかりで、キックの嵐、嵐、嵐

掛かりませ~~~ん、交代で何回かやってると、初爆が有りましたが

アマルの特性上オーバーフローさせるんですが、溢れたガソリンは本体から滲みます

そこにバックファイヤーが、、、キャブから火を噴きました、恐ろしや~~~

まあ2,3回は掛ったんですが、キャブ調整まで出来ず

もちろん発電の確認もできずです

キャブの中身をスロットルバルブを残して、古いのの戻してみたり

持ち主が送ってきたコンセントリックに変えようとしたんですが

ワイヤーの長さが違う、ワイヤー変えようとしたんですが

スロットルブリップからワイヤーが外れそうですが外れません

破壊する可能性が有るので無理は出来ません

色々やったんですが、時間切れで古タイヤ積んで逃げるように帰ってきました

この子は手強い、非常に手強い、生半可な気持ちで英車はいじれませんね

発電については、エンジン掛かってから、カットリレーを強制で入れたら

大丈夫だと思ってます、まあ判りませんけどね

持ち主は電気のプロなので何とかするでしょうたぶん

私は前回に続き今回も役立たずでした、あとはお任せで~す