2013年01月

お昼に少し時間ができたので、テスト走行してみました、寒いけどね
はやる気持ちを抑えて、まずアイドリングの確認デス、キックすると
アイドリングでは正常に回っています、フリッピングしてみると
何回かは気分よく回っていましたが、時々パン、パンと
 
エアクリーナー外しているのでキャブを見てみると、時々右キャブより炎が見えます
 
これって正真正銘バックファイヤーですよね、初めて見ました
再度点火時期調整して、エアクリーナー付けたら、気分よく回りました
 
これで治ったのかなと安易に考えて早速走ってみると微妙に吹け上がりが悪いような????
タコメーターの表示もおかしいんですが、やっぱり変な上がり方してます
 
そのうちバックファイヤーしだしたので、早々に引き上げばらしてみました
イメージ 1
右側キャブが真っ黒デス、これはやばい、バックファイヤーの原因は?
混合気が薄い?やっぱりインシュレーターがダメなのか??
点火時期が速い、う~~ん考えにくい、2ストなので原因はこれぐらいか???
 
アフターファイヤーなら良く有るんですが、バックファイヤーは経験がないです
イメージ 2
 
点火時期はタイミングライト使って合わせてるので多分大丈夫だと思うんですが???
 
イメージ 3
 
プラグはB7HSの中古、250SSにつけてたやつです、まあテスト用ですから
プラグは少し走っただけですがそんなに薄いとは思えない
 
ますます泥沼にはまっています、う~~~~~~~ん一体なぜなんだろう
私のテカテカの脳みそでは理解不能です、経験が足りませ~~~ん
 
このまま送り返してやろうか?いやいや絶対何とかしてみます
 
しばらくおつむ冷やしてからゆっくり考えます、機械は必ず治るをモットーに.............
 
私レベルでは解らないかもしれませんけどね、ま、なんとかなるでしょう
 
 
 

イメージ 1
標準B8HSなのにB5HSを付けていても、まっくろくろすけにかぶっているのは
チョークバルブが悪さしているのだろうと、当たりを付け外してみると
チョークバルブの下に段がついていました、これはやばいかも
 
GT125はチョーク回路が連結していてひとつのバルブで2個のキャブに供給しています
ということは、キャブの連結部が有りそこに負圧をかければわかるはずです
むつかしく書いてますが、要は連結部に口つけて吸えば良いだけです
 
早速やってみると微妙に吸い込めます、これってダメですよね
 
イメージ 2
 
以前ガスケット作った時の残り物、要はポンチで抜いた残りですね
ガスケットもしっかり失敗していたのでこれだけでも使えればOKデス
 
イメージ 3
 
ちょうどチョークバルブに合うんですよねこれが、こういう偶然が有ると
なんか幸せな気分になります、液体ガスケットで貼り付けて置きました
早速取り付けて吸ってみると、なんか止まったような気がします
本日はタイムアウトなので、こんどテストするのが楽しみです

イメージ 1
 
ここのところ少しゴタゴタしていて、インシュレータ加工してから放置状態でしたが
やっと取り付けることできました、どんだけ時間かかってることやら、、、
 
さっそくエンジンかけてみると、アイドリングは正常、よしよし治ったのかな?
 
少し試乗してみると、吹き上がりが悪いですやっぱりまだどこか悪いみたい、残念
 
イメージ 2
 
この画像は以前のものですが、プラグの状態は同じでした、完全にかぶってます
インシュレーターが悪いと薄くなるので、この状態は不思議だな~と思ってました
 
考えられるのはチョーク回路の悪さです、でも交換部品は無いし、、、
だいたい普通に考えても二番も番手が低くてもかぶってるのはおかしいですよね
 
さてさて、どうしましょう?なかなか楽しませてくれます
 
 
 

イメージ 1
 
いろいろ考えてみましたが、密閉はガスケット入れるとして、あとはキャブの固定方法です
 
大体2ミリ程の厚さなので0.8ミリと0.4ミリの耐熱ガスケットを細長く切って
バームクーヘンのように積層してみよう、これで行けるはずデス
イメージ 2
 
一枚をできるだけギリギリに入れて、液体パッキンで次を積層していきました
0.8ミリ、0.4ミリの順番に入れ、最後に0.8ミリを入れ、大体2ミリと成りました
 
イメージ 3
さすがに太すぎシリンダーには入りませんでしたので微妙な調整をする事に
手頃な太さのものにペーパーを巻いてシコシコ微調整です
 
画像はありませんが、ちょうど250SSのマニホールドがぴったりなので
削っては差込み、削っては差込みの連続でなんとか入るようになりました
 
と簡単に書いてますが、削るのに失敗して何回か作り直してます
無理やり入れてシワが入ったり、積層の順番変えたりいろいろ試行錯誤の結果
 
イメージ 4
 
とりあえずインシュレーター出来たということにしときましょう
まあ多少二次空気吸っても良いでしょう、だんだん適当になってきてます

今年もやっと動き出しまし、なんせ寝正月を決め込んでましたんで、、、
去年より懸案のインシュレーターですが、休み中いろいろ考えてました
旋盤ないので、ジュラコンから作るのはムリだし、有る物でなんとか
今残ってるもの使って固定して密閉はパッキンでやってみよう
イメージ 1
 
で、革パッキンで抑えようとしたんですが、これでは無理みたい
 
イメージ 2
 
次に見つけたのが、ゴム製パッキン、これなら密閉できそう、革は空気通すしね
 
イメージ 3
ちょっとピンボケですが、左がのこってるインシュレーターで流石にこれでは固定できない
やっぱりインシュレーター作らないといけないみたい、なんか考えよう
煮詰まっていても仕方ないのでたまには違うことやってみることに
 
イメージ 4
出来は悪いがチャンバー室のガスケット作ってみました、これはまだ製作途中です
これから現物合わせで微調整して取り付け、自分の不器用さに呆れました
関係ないとは思うんですが中の丸いとこが欠けてたのでこれも影響あるかなと?
でも関係なかった、なかなか手ごわいぞ

↑このページのトップヘ