2012年04月

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ポンコツWに乗ってると無くてはならない工具類ですが、ねずみ年なので

シートバックとリヤ付けてるウエストポーチにいろいろ積んでます

たまに点検しとかないと使う時に無いなんて事成ってもつまらないので確認することにしました

予防安全です!ちゃんとお金掛けて整備すれば必要無いですが...自爆

でも要らないものは下ろさないとね、少しでも減らさないと...たぶん理でしょう

MFバッテリーに交換したので、さすがに希硫酸は必要ないでしょう、と言うか元々必要無いか

ポイントも一つ有れば......ほとんど下ろせてない気がしますが

心配性なのか?小心者なのか?一度積んでしまうと下ろせない、こまったもんだ

あとシート下にはワイヤーと空気ポンプも積んでます、でもボルト類が無いので片手落ちかもね

だいたい必要無いと下ろすと必要に成るんですよね、いつものことです

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

B8TのバッテリーはB23-12A、純正のバッテリーは現在無さそうなサイズです

でも容量は少ないですがWのバッテリーが合いそうです、それ以外だと乗らない見たい

それでWに使っていたもう寿命に来たバッテリーを使っていたんですが、やはり限界

一日置くとセルが回りません、しばらく走ると掛かるんですけどね、過充電なのか?

しかたないのでとうとう怪しいバッテリーに手を出してしまいました、名前がとても怪しいですね

良く見てみると付属のビスもサビているし、こんなの初めてです 希硫酸入れていると

表面のプリントも簡単に落ちてしまいました、みすぼらしいのでピカールで完全に落しました

ますます怪しい 大丈夫かしら、まあ混合用オイル積むスペースが出来ましたけどね

ダイナモはWと同じ100W、125には大きすぎるような、セルダイナモだからかな

まあバッテリーの性能も良く成ってる?中華だと同じかな、過充電でパンクするかもしれない

とにかく危険な賭けには違いないです


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

先日より時間を見つけては膿だしツーに近場をうろちょろしています

近所の桜も満開でした、今日の雨でもほとんど散らずにがんばってました

でもさっそく出てきたトラブルは、やっぱりクラッチが滑りかけているような?

それとまさかの上の方からのガソリンもれ、メッキの下がサビて穴開いてます

さっそくいい加減ですがコーキングで埋めときました、なんとか止まってます

それ以外は快調に走ってます、最高速は80キロぐらいかなもっと行きそうですが

なんか壊れそうで危険ですフロントもすぐ底つくしねフロントブレーキも溶接してるので

強くは掛けにくいし大体60キロ巡航ぐらいが限度かな、カタログでも100キロだし

48歳のお年寄りなんでいたわりましょう、別に遅くてもストレスないしね

ただフロントブレーキランプ点かないので注意が必要です、元々無いんですがね

今の規格では小さなバッテリーしか入らないんですが、ちゃんとセルでエンジン掛かってます

当時では画期的だったんでしょうね、今だとキックの方が貴重ですね時代は変わります

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

経年劣化で無残にも破れている?シート、破れてるというより縫い目の糸か切れて

バラバラに成ってます、こんなこと成るのね、でももう一度縫うのは無理そうなので

最初はパジャマをかぶせてごまかそうかとも思いましたが、やっぱり張り替えました

いつもなら友人の内張り屋さんに頼むんですが、先月廃業してしまいましたので

別の所に頼みました、で今日出来てきたのでさっそく取り付け、なかなか良いんで無いかえ

B8Tには今はもう無い規格のバッテリーなので容量の小さいW1のバッテリーを流用してますが

もう寿命きてます、さっさと交換すべきなんですが、悪あがきやってみました

無駄な努力と思いつつ、ダメもとでお掃除してみました、2回目なんですけどね

でもたぶん復活はしないでしょうね、でもここまで汚れてるとは思いませんでした

極板がはがれてたまってるんでしょね~これじゃダメですね、さっさと交換しないと

でもフル充電したら、セル回せるぐらいの電力はありました、でも一日置くとダメでしょうね

あ~少ないおこずかいが飛んでいく~~~~

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

やっと4月になったのでB8Tを登録して来ました

姫路市は去年の9月からご当地ナンバーになっています

私はてっきり選べるのだと思ってましたが、このナンバーに統一だそうです

ふざけてますね、おじさんは恥ずかしいぞ!

どうにも成りませんが受付でひとしきり文句言って帰りました、ささやかな抵抗です

あてがってみてもどうしても似合わないです、まさか温泉町のナンバーで乗るわけには...

今家にある原付は廃車できない、こんなふざけたナンバー増やすのもね~

ちなみに警察の白カブにもこのナンバーです、どう考えてもふざけてる

↑このページのトップヘ