今日もFT1に遊ばれてます

DSC_0205

この状態で部品待ちしてました

DSC_0204



部品が来るまでできることをしましょう

まずマフラーのつまりを確認しました

トーチで焼いたら煙が出てるので大丈夫かな

HORIZON_0002_BURST20220717172148965

ばらして行くとクラッチレリーズが割れてるし

まあヤマハから部品が出るのでよしとしましょう

数日後部品が到着したのでいろいろ組んでいきましょう

DSC_0208



アッセンブリ~で出るので助かります、とても旧車と思えません

交換しましたがワイヤーが伸びてるのか違うのか?

少し違和感有りますが、動いてから調整しましょう

次にシールの打ち込みましょう

DSC_0209

シールはつらいちで入ってましたが

DSC_0210

もっと奥まで入りました、ここからエアー吸ってたのかも?

これで治る予定でしたが、やっぱりパスンとも言いません

完璧に泥沼にはまりました、ゆっくりと対策を考えて行ましょう

あ~~~大変だ









ずいぶん前にミッションオイルが増えるというので預かった

FT1ですオイルポンプのシールはずいぶん前に交換して

オイルが出てこないことを確認してました

DSC_0199

もう大丈夫そうなので、さくっと組むことに

エンジンの部品は純正品が出るので助かります

組み立ててテストしてみると、パスンとも言わない

圧縮は有りそう、火は飛んでる、キャブまでガソリンは来てる

スロージェットは通ってる、なんでだろう?

DSC_0200

とりあえずキャブはお風呂に入って貰いましょう

水だけでもかなり汚れてますね

.trashed-1660562998-CENTER_0001_BURST20220716202940327_COVER

若干オーバーフロー気味なんですが

フロートは樹脂でフロートバルブを直接押しているので

調整なんで出来ないので、これは諦めましょう

DSC_0201

とりあえず2次圧縮は大丈夫かな?

ということは1次圧縮かな?ということは

考えたくないんですがクランクのシールが抜けているのかも?

FT1はロータリーディスクバルブなので

ダイナモ側にしかシールは無いのかな??

エンジン降ろさなくても交換できそうですが

まだまだ苦難の道は続きそうです

他にもクラッチもおかしいし、悪い所てんこ盛りです

業者が外観だけ適当に直したような気がします















先日知人より貰ってきたバイクリフトです

1649567019267[1]

エア式ですが当然壊れてます、なんせ貰ってきたものですからね

DSC_0130[1]

でも古いけど一流国産メーカー品です

昭和55年生かな?

DSC_0189

どうもここが元凶です、ガレージジャッキで上げ下げやってましたが

流石に使いにくいので修理できないかなとばらしてみました

手が油まみれで画像撮れないので、ばらした画像は無いです

どうもエアーチャンバー?のリリーフバルブが無さそう

どう見ても部品が足りません

メーカーに連絡してもさすがに古いので部品供給は無いそうです

ホームページにメールしたら日曜日なのに電話かかって来ました

流石日本のメーカーです

仕方ないのでエア式はあきらめましょう

肝心の油圧ですが、シリンダーばらして

オイル足して、ピストンを手動で動かすと




シリンダーが出てきました

油圧は生きてるかも、少し光明が出てきました

DSC_0191

用はピストンを押せればよいので

ラチェットレンチのエクステンションバーをカットして

中にぶち込んでやりました

手が油まみれだったので分解時の画像は有りませんが

シリンダーが綺麗になってるので察してください

でどうなったかと言うと



一人でやってるのでまことに見難いです

まだロッドを押す方法が決まって無いので

ロッドを無理やり押すとリフトは上がりました、やった~

後はこのロッドをどうやって押すか考えるだけです

これの方が難しいかもね、ゆっくりと頭冷やして考えます

まあ無負荷なので、バイク乗せると上がるかは不明ですけどね

これでだめなら、床にリフトを固定してから

ガレージジャッキで上げます、ま、何とか成るかもね





↑このページのトップヘ